ホクロ・イボ除去法

ホクロ・イボ除去法

顔の印象を大きく左右するホクロやイボ

顔の印象を大きく左右するホクロやイボ

悪性でなければ医療的に取り除く必要性はありませんが、出来ている場所によってはコンプレックスに感じ、除去したいというご希望を多くいただきます。治療そのものは、大掛かりな治療ではございませんので、短時間での除去が可能です。ホクロ・イボ除去については、治療後の跡が目立たなくするため、大きさや場所によって適切な治療法を選択し、UVケアや美白剤などのアフターケアが必要になります。

当院では、電気分解法・切開法での治療を行っております。治療後は肌色テープが付きますが、その日から洗顔・化粧も可能なため日常生活に支障はありません。

ホクロが出来る原因

メラニンを生成する色素細胞の増殖が原因と言われています。

先天性ホクロの原因は遺伝子、生まれてからできる後天性ホクロの原因は紫外線や物理的な刺激によってできると言われていますが、その詳細についてはいまだ不明です。しかしホクロは遺伝するというデータもありますので、ホクロが多い家系の方はホクロが多くなる傾向があるようです。

ホクロには、取り除いても問題のない良性のホクロ・取り除くことができない悪性のホクロがあります。
悪性は「基底細胞癌」「扁平上皮癌」「悪性細胞腫」などが有名です。最近はエステサロン等の非医療機関でレーザー等を使用し、除去される方もいるようですが、医療行為になりますので、医師の元で治療を受けられることをオススメします。

ホクロ・イボ治療方法

電気分解法

電気分解法

ホクロを電気焼灼し除去する方法です。

局所麻酔をする為、痛みを感じることはありません。
レーザーなどより深いところまで焼灼する為ほくろ治療直後は、赤みや若干陥没ができます。
軟膏を約1週間程塗りテープにて保護し除去部位は約3ヶ月前後で目立たなくなります。
稀にホクロが再発することがあり、その場合は期間をあけて再治療が必要となります。

切開法

切開法

ホクロとその周辺の細胞をメスで木の葉状に切り取り縫合する方法です。

ホクロやイボの大きさが比較的大きなもの(約1cm以上)に適用。
ホクロの根元(組織)まで取り除く為、再発の心配もありません。
局所麻酔を行うため治療中の痛みはなく安全で確実な方法ですが、1本の線として傷が残ります。
※傷は約半年〜1年で目立たなくなりますが消えてなくなる事はありません

治療時間とアフターケア

治療時間について

  • 電気分解法
    • 所要時間は、約5分程度です。
  • 切開法
    • 所要時間は、約20分程度です。

通院について

  • 電気分解法
    • 通院の必要ありません。
  • 切開法
    • 抜糸の為、7日目に来院して頂きます。

術後の経過について

  • 電気分解法
    • 術後1週間ほど肌色のテープを貼って頂き、テープを剥がした後はUVケアをしっかり行って頂きます。
      洗顔・メイクは当日より可能です。
  • 切開法
    • 腫れや皮下出血が出る事もありますが、1~2週間ほどで落ち着いてきます。
      洗顔は抜糸後から可能。メイクは傷口をさければ、当日より可能です。

Before1
Before
After1
After

施術費用

施術科目 費用
ホクロ・イボ除去法 1mm範囲 4,000円
※治療費用には麻酔代・お薬代・テープ代込みとなっております。

※ホームページ上で掲載されている価格は全て税抜表示となっております。
ご来院時に消費税率にて清算させていただきます。

0120-088-430

受付時間9:30~20:00(土日祝日も診察)

完全予約制 お気軽にお問い合わせください

  • 2017年10
    SunMonTueWedThuFriSat
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
           
    2017年9月
  • Ameba Blog