傷痕形成

傷痕形成

傷跡形成術によって傷痕は改善することが出来ます。

傷跡形成術によって傷痕は改善することが出来ます。

傷痕形成とは…
手術後の痕や事故をして残った傷痕
リストカットや根性焼きの痕
大きく開けたピアスの穴

などをなるべく目立たない様に修正する手術です。

傷跡形成術の特徴

傷のできる原因は多数ありますが、受傷時の状態や治療の仕方などにより傷痕の残り方は様々です。
できたばかりの新しい傷の場合は少なくとも3~6ヶ月は間を空け、傷の赤みや瘢痕化が落ち着いてから治療する方が綺麗に仕上がります。

術後は傷に赤みや盛り上がりがありますが3ヶ月程度で徐々に落ち着き、おおよそ1年後には目立ちにくい状態になります。
ただし、この手術はあくまでも現在の傷痕を可能な限り目立たなくするもので、傷を消す手術ではありません。
傷の種類や状態によって、ステロイド治療などの保存的治療(外用治療・局所注射療法・内服療法・圧迫療法)をオススメする場合もあります。

  • 古い傷を切除し、キレイに縫合し直します。
    • ケガや火傷による傷跡手術の傷跡リストカットの跡根性焼きの跡ピアスホールの修正

傷痕形成の施術方法

切除・縫合による治療

切除・縫合による治療

現在ある傷痕を切除します。

伸縮するという皮膚の特徴を生かして、現在ある傷痕を切除し幅を狭くして目立たなくさせる方法です。

治療時間とアフターケア

治療時間について

所要時間は、約30分~1時間程度です。
※治療範囲、手術方法により異なります。

通院について

切除・縫合による治療では抜糸のため術後7日目に来院していただきます。

術後の経過について

腫れや皮下出血がでますが1~2週間程でおちついてきます。
シャワーは傷口を避けて翌日より可能、入浴は約1週間後より可能です。

施術費用

施術科目 費用
傷痕形成 1cm 40,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は全て税抜表示となっております。
ご来院時に消費税率にて清算させていただきます。

0120-088-430

受付時間9:30~20:00(土日祝日も診察)

完全予約制 お気軽にお問い合わせください

  • 2017年1
    SunMonTueWedThuFriSat
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
           
    2016年12月
  • Ameba Blog